シャンプーソムリエになって史上、最高のシャンプーと出会ってしまった件

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

久し振りに、こっちのブログを書きます。





普段はこちら↓で書いているので、普段の僕の記事をお読みになってくださる方は是非こちらもちぇけら!です。






閑話休題










さて。
さてさてさて。






何で今更こっちのブログで書こうと思ったかというと、遡ること昨年末。
僕がシャンプーソムリエになって以来、最高も最高、最&高なシャンプー&トリートメントに出会ってしまったからなんだ。





シャンプーソムリエ、名前の時点でもうそれはなんか凄そうな響きですけれど、僕これを取得するのに一度試験を落ちているんですわ。
んで、その時にかなり焦って、知識だけあっても仕方ないんだって気付いて、追試で資格を取得した後に、毎日違うシャンプーで、市販品やサロン品問わず洗って、成分の処方による違いを身体に叩き込んだりしまして。
それは今も、面白そうなシャンプーがあればとりあえず自分の頭で試したりしてまして。



そんな僕も、びっくり仰天なシャンプー。
そしてそのレビュー的なものを、書こう書こうと思って早2ヶ月…。











「ブログ書きますね!」
って言ってからずっと放置してしまったから、ここはもう、気合いを入れて書こうかと。
ダイスケさん、遅くなってすみませぬ。
真打ちは後から登場するってことで、かなり気合い入れて書きますね。










ってわけで、こちらのシャンプー&トリートメント。





うちに映えスポットがなかったので、画像は拝借してきまして。



そう、僕が師と仰ぐ日本一のヘアカラーリストのナカムことナカムラさんと、日本のパーマの礎を築き、今もとんでもない技術を有しトップを走り続けるトッキーことトキエダさんが共に作られた、




ステアケース
ギンザシャンプー






こちらのね。
レビュー的なものをね、僭越ながら書かせて頂こうかと。



書こう書こうと思って遅くなってしまっからね。
シャンプーソムリエとして、かなり気合いを入れてね。












Q.このシャンプー、何がいいの?



A.兎に角全てにおいて最高クラスです。







Q.何が出来るの?




A.圧倒的なダメージケア。残留物質の除去と、欲しい成分の補給ができる。そして重すぎず軽すぎず。広がりがちな髪の毛はしっとりと纏まり、ペタンコになりがちな髪の毛はふんわりサラっとしてくれます。







一言で言うなら、



過保護か!ってくらい、髪の毛を大切に扱うためのシャンプーです。

成分について。
と言ってもここで全てを書き出すと、とんでもなく長くなるので、さわりの部分だけをば。



先ず、シャンプーを構成する上で肝心要、軸となる界面活性剤。

コカミドプロピルベタイン

という両性界面活性剤を主剤とし、

ラウレス-6カルボン酸Na

で泡立ちと洗浄力を補助。
加えて、しっとりとしがちなアミノ酸系界面活性剤の中でも、比較的サッパリとした洗い上がりになる

ラウロイルアスパラギン酸Na

という…。



とってもバランスのいい処方になっているなという印象です。



ベタイン系って、カラー剤との相性とっても良いんですよ。
多くのシャンプー剤のメインになる界面活性剤はマイナスのイオンを持つ、アニオン界面活性剤が使われることが大半なんですけれど、両性、つまりマイナスとプラスの両方を持っていて。
このプラスのイオンってのが、トリートメントやリンスなんかのメインになる界面活性剤なんですけれど、その両方の特性を持っているので、泡立ちながらしっとりとさせてくれる、というようなもので。
ただ、それだけだとしっとりしすぎてしまうから、後に続く補助的な界面活性剤で補っているんですよね。



で、その補うものもラウレス-6カルボン酸ていう、泡立ち、洗浄力がしっかりとありながら強過ぎず、低刺激な弱酸性の界面活性剤。
アスパラギン酸Naもアミノ酸系の中では比較的サッパリとしていて、でもアミノ酸系の界面活性剤ですから髪の毛に対する保護効果も期待できる…。










界面活性剤の処方だけ見ると、ヘアカラーとの相性は抜群ながら、重くならない仕上がりになってくれるような処方であると。
もう、この時点でこれはカラーをしている髪の毛に対し十分使える!って思わせてくれる処方です。






その他成分を見ていくと、



・フラーレン

これはノーベル化学賞を受賞した凄い成分で、ビタミンCの250倍こ抗酸化力を持つと言われている成分です。
しかも、ただ抗酸化力があるだけじゃなくて、凄いのはその持続力。
多くの抗酸化成分は、酸化物質にくっつくとその効果を失うのですが、フラーレンは酸化物質にくっつくっと無害化し、フラーレン自体はそのまま効果が持続するという。
つまり、カラー剤の過酸化水素や、カラー剤やブリーチ剤によって発生する活性酸素の除去を、毎日のケアでしてくれる成分なわけです。




・スーパーオキシドジスムターゼ

通称SODと呼ばれるこの成分もまた、抗酸化成分で、酵素の一つです。
本来人間の体内にもあるものなのですが、これは加齢と共に失われていきます。
すると、髪の毛を生み出すための細胞や、色素を作り出す細胞が酸化し、髪質の変化や薄毛、白髪の原因となります。
しかしこのSODによって、フラーレンの説明でも触れたように、活性酸素を除去してくれるという…。



さらに、



・プラチナ


これもまた、抗酸化成分の一つで、金属でありながらイオン化しにくく、人体に対し非常に安全性の高いものです。



こういった抗酸化成分を配合、それぞれ少しずつ違うものを入れることで、ヘアカラーと切っても切り離すことのできない活性酸素を除去し、単に髪の毛に頭皮にとって良いってだけではなく、アンチエイジング的な要素もしっかりと持っているのです。





加えて、ケラチンやアミノ酸、CMCも含まれていて、ダメージによって流出しがちなものを補給しながら、質感も作ってくれますし、シルクが入っていることでサラッサラな髪の毛に導いてくれる…。



で、ここで界面活性剤の話に戻ってくるんですけど、、、
アミノ酸各種やCMCだとかが含まれていると、ちょいと重めな仕上がりになりがちなんですよね。
けど、恐らく界面活性剤の処方をすこし軽めになるようにしていて、そことその他成分のバランスで、重過ぎず軽過ぎず、しっとりしながらサッパリとしているという奇跡の質感を実現しているんですよねきっと。












さて、そんな小賢しい解説はさておき。












このシャンプーに触れたとき、先ず僕が思ったのは、











とんでもない違和感












ってのも、普通これだけクオリティの高いもの処方になっていると、値段は5000超えて当たり前の筈なんですよ。
それが、このシャンプー&トリートメントは、両方買って5000ちょい。











…利益出るのこれ???
って、正直思いました。



思ったので、ぶっちゃけ言いました。
絶対これ、利益ほとんど出ないですよね??って。



したら、案の定、やっぱり利益なんて雀の涙と。
けれど、

「お客さんの髪の毛が綺麗な状態をキープできることが一番の利益だと思うし、赤字にならないならそれで十分利益が出せてると思うんだ。」

的なことを仰っていまして。












惚れるわそんなん。











そう、このシャンプー、使う人にとってはコスパ最強のシャンプーなのではないか、そう思うんだ。








驚くほど贅沢に作り込んだ。
それはもう、本当に言葉そのまま。
なんともまぁ、とんでもないシャンプーですこれは。
どれだけ、髪の毛を綺麗にすることだけを考えて作ったのか…。



勿論、色んなメーカーさんの思いを否定するわけでも、他のシャンプーをdisるつもりではありません。
けれど、作り手の思いが、ここまで溢れているシャンプーは中々無いのではないかなぁ、と。



だって、お金的な意味での利益が殆ど出ないくらい、作り込んで、ギリギリ赤字にならない価格設定になってるんですよ?
こんなシャンプー、中々無いですよ。












閑話休題










さて、またしても話が逸れ始めたので話を戻して。




実際に使ってみてどうなのか。




それはもう、言わずもがな。










いい!!










これ!!

凄くいいよ!!!










としか形容のしようがない…。



例えば剤型は、とろーーーっとしていて、それはさも高級な美容液にすら見えるくらい。

それでいて、泡立ちは凄く良く、僕くらいの毛量だったら1プッシュもいらないくらい良い泡立ち。
泡質もキメ細やかでシッカリしていて、泡に包み込まれるような優しさ。

香りも決してくどくなく、ほんのりと柔らかな香りに包まれ癒される。

僕のようにホワイト領域までブチ抜いている髪の毛って、当然それなりのダメージを負っているわけだけれど、泡に包まれしばらくすると、髪の毛が復活したかのようにしっとりとし、トゥルッとする。

それは流した後も続いてくれて、一時期試してみたのだけれど、シャンプーだけして乾かしても、意外と落ち着いてくれるし、引っ掛かりなんて何処へやら…。
トリートメント無しでそれですよ??
ヤバない?これ。

で、処方の割に泡切れもよく、ちゃんと流してあげれば、ベタインやアミノ酸系界面活性剤、アミノ酸やCMC、シルクといった残留しやすい成分が、変に残ったりもしないっていう…。
処方によってはこれら、良くも悪くも残留するから、肌荒れの原因にもなりかねないんだけど、何故かそれが全くない…。


なんなんですか、ほんまに!!(((((




んで、トリートメントも付けてあげると、ヴァージン毛かな?ってくらい…は言い過ぎだけどw
それでも、ホワイト領域までブチ抜いたとは思えないくらい、しっとりと、それでいてサラッとしている…。
変なベタ付きとかそんなのは一切ない。
けど、しっとりしてる…。
乾かす時もサラッとしてて全然引っかからんし。
乾かしきると、髪の毛がしっとりサラッと。
何回しっとりサラッとって言うねんって思うかもしれないけれど、このクオリティのこの質感、ほんっっっと難しいんですよ。
…いやまあ、作ったことがあるわけではないけれど、いろーーーーーんなシャンプーを使ってもこの質感になってくれるものって、無かったですから。




そして何より、圧倒的コスパ。
シャンプー&トリートメント合わせて5000円ちょっと…。
泡立ちも良いしトリートメントの伸びもいいから、平気で2ヶ月以上もってくれる…。
なんやねんほんま…。嫉妬するわこんなん…。







そして使い始めて約2ヶ月。
ホワイトヘアでもツヤサラな状態になってくれました。



とまあ、ここまで書いて、

いくらなんでもべた褒めしすぎちゃう?なんぼかもらってるんとちゃいます??

って思われても仕方ないくらい、ひたすらべた褒めしましたけれど、










けれど、











けどね。











むしろ実費で買ってるんだwww














ハイトーン専門シャンプーソムリエの僕が今イチオシのシャンプーの1つ、ギンザシャンプー。



その名の通り、銀座ステアケースで買えるので、気になる方は是非に。
















…うちの店でも取り扱いしたいなぁ。(ボソっ

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000