ごっつを食べたら胃がもたれて寝れないからなんか書く

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

あの、知ってます?
秋葉原の昭和通り沿いにある、脂の塊で胃袋をぶん殴ってくるようなオカズ系ラーメンの"ごっつ"ってお店。
もうなんかこう、

背脂!脂&油!!

みたいな感じで、半年に一回くらい食べたくなるアレ。
ご飯がススム、オカズ系ラーメンのアレ。


大阪の兄弟と食べに行ったのが最後だと思うので、ちょうど半年くらいでしょうかね。
また食べたくなって行ってしまったんですけれど、行ったが最後、胃がもたれて寝れない寝れない。

ネットサーフィンでもしてりゃ眠くなるかと思ったのですけれど、それでも全く、睡魔さんが家出しちゃったものですから、たまにはこちらのブログにでも何か書こうかと思った次第で御座います。



閑話休題



えーーー、なんですかね。
なにを話しましょうかね。


そうねー、


まぁ、先ずはアレですよね。


ACWSMっていう、オンラインサロンに入りました。


よくまぁ井の中の蛙気取ってる僕が、このような美容師さん達の集まりに首を突っ込んだという感じなのですけれど、其処は矢張り、自分よりも圧倒的な技術を持っている人の思考や技術を学びたいと思ったからで。

他人様にあまり興味のない僕ですけれど、主催のYSO氏は本当に丁寧で美しい作品を作られていて、その根拠たる知識と技術がある方なんですよね。
そして何より、僕が好きな感じの色を作っている。

そうでなければ、そもそも興味を持ちませんし。

今僕が、作品に対して興味のある美容師さんって、本当片手で収まるくらいなものですから、相も変らず、井の中で限られた空を見上げてる蛙…、いや、蛙ほど大人でも成熟もしていないので、オタマジャクシな僕です。

そんな僕ですが、そろそろちょっと足が生えてきたようで。



載ってしまいました。


いや、あの、ね。
別段そんな載りたくなかったとかそういうわけではなく。
僕のようなオタマジャクシ風情がこのような大舞台に出てしまったという事に対する戦慄ですよ。戦き慄き山椒の木ですよ。

それもまぁ、4Pも。

新美容さん、ありがとうございます。



そして同時に、普段の仕事とはまたちょっと違った、学ぶ事、反省点が沢山あって。
コトが急すぎて準備不足だったことが一番の敗因かなと。

Kさん、本当ご迷惑をお掛けして申し訳無いです。
なにかこう、奇跡的な何かがあって、またお仕事をさせていただける機会があれば、その時にはこの反省を活かせたらと。





閑話休題





とはいえ、この年でこのキャリアで、持込ではなく向こう方からご依頼を頂き特集を組んで頂けた、というのは本当に嬉しく有難い事ですよね。


でも。では、そもそも。
何故僕の存在を知ってくださったのか、という事なのですけれど…。


「実は、NムラDスケさんがFBでシェアされていたことから知りまして…。」









……






………、あーーー、ね。



改めて思う、

ナカムラダイスケの影響力スゲェ…。


なんなら怖えよ。

もっと僕は、日陰でアングラでジメジメしっとりグチャグチャと、一部界隈だけでひっそりと生きているつもりだったはずなのに…。



とか言いつつ、人間の幸福が他者からの承認だけである以上、矢張りこうして白羽の矢を立ててくださったことは素直に嬉しいのですけれどね。


ですけれどね。


だからどうだという話で。

これからも僕は、綺麗だとか可愛いだとか格好いいだとか、そんなことはまあ勿論ですけれど、何よりも

面白くてワクワクできてドキドキする、そんな作品を淡々黙々粛々と作りながら、口と指先からは飯の話か下の話を垂れ流す。

そんなスタンスで…、と意識するのも莫迦らしいので、着の身着のまま気の向くまま、好きなものを好きだと叫びながら意味もなく興奮して、マッハ50で駆け抜けていきたいなと。

面白いことを、沢山したいんだ。






閑話休題





で、だ、よ。
僕の中での、その理想形が、あの銀座のお師匠さんなわけで。

週に一度は、気がつけば彼のInstagramを遡って、ぐぬぬってなるんですけど。


ぐぬぬって。


思いながら、この人がいる時代に美容師をやれていることが嬉しく思ったりして。


なんと言うか、上手いとか、綺麗とか、スゲェとか、そんな領域にいないんだよね。
言葉にすることすら出来ない、そんな。


強いて言うのであれば、


やべぇ



こう、綺麗格好いい可愛い上手い素敵凄い、そういったピラミッド状の枠組みのもっと外側…、なんなら俯瞰するような場所にいる、そんなイメージ。
だからこう、僕なんぞの有象無象の中にいるような足が生えかけのオタマジャクシなんぞとは一線を画すと言うかもう言葉通りに、次元が違う、と感じてしまうような人。


そして、そんな人だからこそ、


ぐぬぬっ

ってなる。


だって、其処は僕が到達したい地点だから。
そうでなければ、なんとも思わないもの。
なんと言うか、こう、チープな表現かもしれないけれど、"特別"みたいな、そんな地点。
地点というか、ステージだよね。言うならば土俵。


其処に上がるのが、僕の中期的な目標で。


そして、こんなことを言ってやりたいんだ。



くっっっっっそ!マジくっっっっっそ!!
カッコいいかよ!カッコいいだよ!!カッコ良すぎるんだよ!!!
マジ。マーーージ!!!



って1人興奮してました。


とまぁ、こんなことを書いていると、僕はナカムラ氏になりたい、憧れている人のような感じがしますけれど、誤解を恐れず言うのならば、決してそんなことはありません。

だって、彼の色は僕には作れないから。


僕は僕の色で、僕の目標を達成したい。


ただちょっと、ぐぬぬってなっただけです。






ぐぬぬ休題





とまぁ、なんだろう、眠れないから書き始めたら、ダラダラと長くなってしまったのだけれど、以上近況報告。

最近このブログ稼働させて無いから、なんならアイツ死んだんじゃね?くらいのイメージ持たれていそうですけれど、


今はこっちが本拠地で、クズらしくちゃんとTwitterで大人しく飯テロと下ネタを投下しています。

私は元気です、恐らく。


最後に2018年に入ってから個人的に一番心の股間に響いた作品置いておきます。















ではまたそのうち。

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000