【徐々に】明るくしたいけどどこまでおkかわからない…【作っていく】

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

ありがたいことにここ数日のご予約が殆ど埋まっております。
アリガタヤアリガタヤ。

なので、申し訳ないけれど7日の月曜日はお休みをいただきます。
流石に死にそうなので。

いやまぁ、死ぬほど働いてから言えって話ですけど。


閑話休題


明るくしたいんですけど、バイト先のレギュレーション的にどこまで大丈夫かわからないんですよね…

というご相談をいただいたのが4月1日。

それは…、エイプリルフール的なアレではなくて、よね?


ですですwww

レギュレーション的にはどこまでおkとかの基準はあるの??


いや、基準は特にないです!
ただ、目に入る範囲があまり明るすぎるのはあまりよろしくないというようなことをやんわり言われましたw

なら、徐々に明るくしていく方向で作っていくのはどうかな?


それでいきたいです!

おk。したら、とりあえず今回は今より少しだけ明るくしよか。


はい!

ってところから始まり…


こんなことしたり…


さらにこんなことをして…


今回で4回目のカラー、こうなりました!

へい!!!

ナチュラルなアッシュブラウンにハイライトとちょいグラデーションにしております。

ハイライトを入れるのは今回で3回目。
毎回入れ方や幅なんかを変えて、徐々に徐々に明るくしていっています。

ハイライトを入れ始めた時と比較すると、徐々に明るくなっているのがよくわかります。

そして同時に席によって光の当たり方が全然違うことにウケる…


閑話休題


ハイライトやローライトと言うと、真っ先に思い浮かぶのは

立体感・軽さ・奥行き

などのスタイルに関わる部分だったり、

複数の明るさや鮮やかさが入ることによる色の深み

なんかもあると思います。

しかし、それらの"その場での仕上がりにまつわること"だけがハイライトやローライトといったホイルを使ったスタイルの効果ではありません。


この子のように、徐々にハイライトを増やしていくことで.

全体をブリーチすることなく明るい範囲を広げて行ける

ので、

"全体にはそこまで負荷をかけず"に、そして"あからさまに変化しすぎることなく"、明るくしていくことができるのです。



明るくしたいけど、どこまでなら大丈夫かなんとも言えない…
そういう時は是非、徐々に明るく育てていく感覚で、毎回のカラーを考えていただけたらと思います。

ご予約お待ちしております♡

ではでは!ノシ  
 ⬇︎今月来月の空き状況です♡⬇︎ 

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000