カラートリートメントを使った後の〇〇は絶対ダメ!

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

唐突にリンゴを洗い始めた木村氏…

まさか…






……




………、

やはりかぁ!!www


完全にごりr…。


閑話休題


Hanaさん…、この状態からホワイトにするといくらですか?ってか、この状態からホワイトに出来ますか??

ホワイトは18000やでー。

この前と変わらなければできr…


………、



………!?



実はホワイトにしたくて自分でホワイトブリーチをしまして…。

あぁ…(血涙




…ってわけで、みんなに知ってほしいことー。

カラートリートメントの類を使った後に、そのままブリーチは、

絶対!!NG!!!!


と言うのも、カラートリートメントと呼ばれるものは塩基性染料というものをメインに作られています。
塩基性の反対…、つまり酸性染料というのも存在していて、俗にヘアマニキュアと呼ばれるものがそれにあたります。

で、これらの染料は、所謂普通のカラー剤であるアルカリカラー…、酸化染料とは全く異なる染まり方をします。

…、それだけならいいんですけど。


それだけならいいんですけど…、


塩基性染料や酸性染料に、そのままブリーチやアルカリカラーを乗せると、変色します。


全てがするってわけではありません。
中には変色は一切せずにブリーチで抜くことができるものもあります。


あります…


が。


〇〇はなる、××はならないとここで断言するのはキケンなので、あえてそこには触れません。


で、具体的にどういうことかというと、この子の場合…
右がビフォアです。
ちなみに2〜3ヶ月前です。

それくらい空いていても、変色するときはします。

そして、一度変色してしまうと元には戻せません。

だからやったらあかんと…、言ってなかったなwww


すみません…、ちょっと最近金欠気味で…。

しゃーないしゃーない。そういう時もある。あるが…
セルフカラーはあかんかったなw

ここから出来なくは無いけれど、完璧なホワイトは無理やし、維持も難しいで。

それでもいいならやるけど。


ですよねー…。
ちょっと考えます。



お財布事情的にセルフカラーにせざるをえない時もあるでしょう。あるでしょうけれど、

せめて、色を維持するためのカラートリートメントやカラーシャンプーくらいにしてください。

お勧めのものは来てくれたらお伝えします。


ブリーチとか、アルカリカラーとか、髪の毛に対する負担の大きいものとか、カラーチェンジとか、セルフはやめましょう。
稀によく、詰むので。



ちなみに、勿論ちゃんと落とす方法はあります。
つい先日も…
やってました。
ちなみにこのサムネくらい色が抜けてるように見えても、変色するときはします。

この子の場合ピンクにしたいというオーダーでしたが、次はグレーにしたいとのこと。

例えばそれが、
変色してしまっても、その部分を切って無くなるまではカラーチェンジしない
ということであればそのままブリーチしてもいいかもしれませんし、変色してしまったとしても色が作れなくなるわけでもありません。

しかし、綺麗に発色させる為にはベースを綺麗に作ることが何より大切であるのは変わりませんし、たとえ同じ色であっても、必要であればちゃんと落としてから作ります。


それをするのが、美容室でちゃんとカラーをすることの価値の1つだと思いますし。


皆さんも、安易なセルフカラーはお気をつけください。
どうなっても、責任は取れませんし、結果的に自分の首を締めるだけかもしれませんよ。


ちなみに、ホワイトブリーチ使ってもホワイトにはならんしな。


まじっすか!?

マジマジ。




そんな簡単にホワイト作れたら苦労しないわよ。


ではでは!ノシ   
⬇︎今月来月の空き状況です♡⬇︎ 

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000