色落ちしたらパステルピンクになるようなピンクにしてください!

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

こういうやっちゃな。

柔らかく可愛らしい、桜のようなピンク。
身に纏うかどうかは別として、嫌いという方は少ないのではないでしょうか?

僕が1番好きなのも、こういう柔らかなピンクです。


っていう感じにして欲しいんですけど…

おk把握。


ってわけで色々すっ飛ばしてビフォア写真も撮り忘れるという未曾有の大事故なのですが…


へい!!!

まぁ、可愛いわよね。
少しピンクみをもたせたナチュラルブラウンとパキパキなピンクの組み合わせはなんかこう、マカロン的な可愛さが…


それはさておき。


色落ちしたらパステルピンクになるような…

こういうオーダー、少なくないです。

わかる。可愛いよね、パステルピンク。
しかも最初に濃いめで入れておけば、長い期間楽しめるしね。

でも、それを作るには、

パステルピンクになるような"ピンクを作る"

のではなくて、

パステルピンクになるような"土台を作る"

必要があるのです。

というのも…

これ、日本人の元々持っているメラニン色素を削っていった明るさの物差しの"レベルスケール"というものです。

これで言えば、極論ピンクだとわかるラインにしたければ9Lv.くらいからでも十分作れます。

しかし、"色落ちした時にパステルピンクに"となるとしっかりとベースの色素を抜いておく必要があります。

そもそも、最初からパステルピンクにしたいとなった時に、
つまり最初から薄いピンクを乗せるとなった場合…
どっちに乗せたら綺麗にピンクになるでしょう???


まぁ、当然白に乗せた方が綺麗に薄ピンクになってくれますよね。

それは、"色落ちした後の色"も同じことです。
ピンクなどの暖色系は、日本人の髪の毛に元々ある色素故にそこまでブリーチをせずとも、ある程度しっかりと発色してくれます。
しかし、淡いお色となったら、矢張りベースの色素を極力無くしておく必要があります。

なので、今回はかなり濃い目のピンクにさせていただきましたが、ベースはホワイトに近いところまで抜いております。


色落ちを見越して作る色。
そのためには、乗せるお色も勿論大切ですが、何よりもその前提となるベース作りが大切なのです。

ベース作りに必要なブリーチは僕が1番好きで得意な分野なので、是非ご相談いただけたらと思います(*´∇`*)

ご予約お待ちしております♡

ではでは!ノシ 
  ⬇︎今月来月の空き状況です♡⬇︎ 

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000