「次はホワイトにしたいけど今はピンク…」わい:無理だ。

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

最近ですね、今朝の記事にも書いたんですけど…
Hanaさん最近あれですよね、ダメージやばいとか他じゃどうしようもないって断られたって言うお客さん増えましたよねwww
とっても多いんですよ。

もうほんと、とっても多いんですよ。
こんな感じで。

まぁ、そのさ、大抵のことは出来るんですよ。
難病患者って言われるような状態であったとしても、よく聞いてよく見てみればなんて事は…、無いとは言えないけれど、完全に不可能なんて事は大抵無いんですよ。


大抵、ね。


で、先月のこと…

初めましてHanaさん!
私は今ピンクベージュみたいな感じで、今回はそれを維持するためにリタッチと色味を入れていただきたいのですが、いずれホワイトにしたいと思っています!

まーーーた、そういう…
とりあえず履歴。話はそれからだ。


今の髪色は2年前の夏に初めてブリーチしてアッシュピンク→9月に黒染め→去年の夏にブリーチ→9月に黒染め→今年の一月に暗めの茶髪にブリーチ無しで染める→今年の4月初めにブリーチしてベージュっぽくする→自宅でピンクシャンプーとピンクトリートメントですこしピンクっぽくして画像1枚目の様な色に
という感じです。パーマ、縮毛矯正はしていません!

う、うん???…、うん。


………、


ってわけでご来店いただいたのですが、胸くらいまであるロングで、色ムラはものっそい。
ムラに加えて過去の履歴でできたであろう地層的明度差も結構あり、毛先はカラートリートメントでごまかしていたからそこまで気にならなかったであろうけれど、ポーラス(溶ける)寸前…

これはどう足掻いたって無理ゲーです。
ホワイトではなくてかなり明るくであればできないことはないと思いますけど、確実に毛先は溶けて千切れて何処かへ消え去ります。


えっ…、そんななんですか??

そんななんです…

一応今回ピンクベージュにすること自体は可能っちゃ可能です。
ただ、今後どうしてもホワイトに近づけたいのであれば、一度肩くらい…、できれば顎ラインくらいまでバッサリいってもらわないことにはホワイトにすることも、ホワイトには出来ないですし、なんならホワイトに出来るようなピンクにもあまりしたくないです。

っていうのも、今はカラートリートメントで"コーティング"されている状態なのであまり気にならないかもしれませんけど、ホワイトにするために…、というかブリーチをするためにはそのカラートリートメントのコーティングを引っぺがさなければなりません。
そうすると、今までコーティングでごまかせていたダメージが一気に表面化するので、確実にダメージを感じると思いますし、実生活にもかなり支障が出ると思います。


そ、そうなんですね…
例えば、とりあえずそのホワイトにするためのピンクにしていただくことってできますか?
その状態次第で考えさせて欲しいのですが…

そりゃ勿論出来るけれど、あまりオススメはしないかな…


それでもいいです!お願いします!

ってわけで、カラートリートメント完全に落とした状態から一応次回ブリーチできるように普通のカラー剤でピンクベージュにしました。
施術中も色々カウンセリングをさせていただき、なるべく怖がらせないようにとは思いつつもかなりキツイ真実をお話しさせていただきましたが、どうしてもカットするのは嫌と言ったご様子で…

わかる?


わかります…

ヤバイよね?


ヤバイです…

ちなみにさ、そこまで頑なに短くするのが嫌なのには何か理由があって…?


え、えっと…、その…
ちょっと恥ずかしいんですけど…かくかくしかじか…、でして…






……




………、すっごい乙女な理由でした。

なにそのストロベリッてるような甘酸っぱい青春なかほり…
えっ、なにそれなんなんえっ、えっ、いやっちょっ、あの…
とってもとっても可愛らしい理由でした。
僕もそんな青春送ってみたかったです。


そういう理由なら仕方ない。
けれどね、ここまでダメージさせてしまった毛をそのまま残しておくのは、美容師としてもそうだし、男としてもあまりオススメはしないよ。
男の人が女性に魅力を感じる時って、勿論人それぞれ理由は違うかもしれないけれど、例えロングの子がタイプって言ってたとしても、
ショートで髪の毛が綺麗な子と、ロングでバッサバサな状態の子が並んだら、ほぼ間違いなくショートの子を選ぶんだ。本能で。


そ、そうなんですか!?

知らんけど、そうらしい。
だから、やっぱり一度、バッサリと切ってなるべくこのどうしようもない部分を減らしてあげてからの方が、ホワイトにするにしても何にするにしても、いいと思うよ。

それは別に、今すぐしなとは言わないし、ゆっくり考えてくれたらいいしさ。


………、わかりました。少し考えます。



ってわけで、基本的に無理とは言わないことが信条の僕なんですけれど、珍しくお断りしてしまいました…。
正直、こりゃもう2度と来てくれないかもなー、なんて思っていたんですけれど…


Hanaさん!以前カラーしていただいた者です!バッサリ切ったのでカラーしてください!!!

………、えっ?

バ ッ サ リ 切 っ た !?

えっ?マ?…、マ!?


マジです!お願いします!







……




………、


ってわけでごらいてーーーん!!!

ホワイト??


って言ってたんですけど、やっぱりピンクがいいです!

よしわかった任せな!
とりあえずリタッチして色味入れてそろそろこの記事長ったらしくなって来たから完成だぜ!!!


へい!!!

2週間後にご予定があるそうで、その時にいい感じになってくれるように、少し紫みを足したモーブピンクにさせていただきました。

その方が褪色してきたとしても黄色味が抑えられ、残ったピンクみと合わさってよりご希望のピンクベージュになってくれるからです。


ロングの方は特に、長さに対して何かしらのこだわりがある方が多いとは思います。
しかし、どうしても回避しきれないダメージや残留色素をそのままに残していては、ご希望のお色に出来ない上に、そもそも“髪が汚い"といった悪い印象を与えてしまいかねません。
当然、多くの方は長さ故にお家でのケアはしっかりされている方が多いとは思います。
しかし、それでも出来ないことも稀によくあるのも事実です。

ですからそうなる前に、ブリーチは勿論トーンダウンこそ、次明るくするのに支障をきたさないような作り方だったり、そとそととしてなるべく同じところに通っていただいてご自身の大切な髪の毛をしっかりと管理してもらう必要があると思います。


ブリーチ大好きマンですが、それ以上に綺麗な髪色、綺麗な髪の毛であることが大切だと思っているので、皆さんにもご理解ご協力をお願い致します。

綺麗な髪色髪の毛にしたいという方は是非、ご相談ください!

ご予約お待ちしております♡


ではでは!ノシ  
 ⬇︎今月来月の空き状況です♡⬇︎ 

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000