【派手髪したい人必見】貴女はどう染める??【独断と偏見】

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

僕がカラーした子達から聞いた話だと、カラーしたよ!的な写真をツイートするとスカウトがめちゃくちゃ増えるそうです。

不思議です。

えっ?いいことだって?
んまー、君の考えてるスカウトとは違うんじゃないかなぁ。


閑話休題


ところで僕は原色を用いた派手髪と呼ばれるようなヘアカラーが大好きです。
ですが、所謂派手髪でも全頭ばばんといくものもあれば、インナーカラーで内側だけ、毛先に向かってグラデーション、ポイント…
色んなスタイルがあります。

〇色にしたいのはしたいんですけど、どういう風にするのが一番いいですかね?
なんて質問は結構ありまして。
それに対して僕はいつも、

知らんがな

って言うんですけど今日は一応、知らんがなと思いつつも、1つの指標になるようにそれぞれのスタイルの印象だったりとかのサムシングを、

独断と偏見

を以って語らおうかと思います。

※あくまで独断と偏見です。あくまで独断と偏見です。大事なことなので二回言います。たとえ僕がこれから語ることを読んだからといって、必ずしもそうでないことなどを念頭に置いた上、"派手髪処女を散らす時"や"色々やらかしまくってやり飽きたんだけどどうしたらいいか悩んでる時"などの参考にしてください。


では。


・全体単色

  • 全体を単色で染めるベーシックな派手髪。
  • 根元から毛先までを単一色で染めるため、その色の持つ性格だったりが強調され、そのイメージが強く出る。
  • 言い換えれば"単色で塗り潰して"しまうため、立体感を得づらかったり、のっぺりとした印象にもなりやすい。
  • 色味によっては僕の思う派手というよりかはド派手な印象になる。

はい、先ずは全頭単色染めです。
これの良いところとしては、色ってそれぞれが様々な性格を持っているのですが、それを全力で全面に押し出せることが挙げられます。
例えばブルーであればクールな、レッドであれば情熱的な、パープルであれば神秘的な…
但し、全体を一色で塗りつぶしてしまうことにもなるので、黒髪や普通の茶髪と同じく立体感が出にくかったりして、のっぺりとした印象にもなりかねない部分もあります。

全体を単色で染めることはカラーにおいて謂わば"真っ直ぐに切ること"と同義であると思うので、カットで言えばワンレングスに当たるのではないでしょうか。



・インナーカラー(単色

  • 髪の毛の内側に当たる部分と、表面に当たる部分で色を変えるスタイル。
  • 最近流行ってるよね。
  • 外側と内側での明るさや鮮やかさの差が大きければ大きいほど目立ちやすくなり、逆に小さければ小さいほどナチュラルな印象にもできる。
  • 範囲によってもその印象は大きく左右され、また普段どのようなスタイリングをするかによってオススメの範囲は変わってくる。
  • 被せを地毛乃至はナチュラルブラウンでつくるのであれば、ブリーチによるダメージをそこまで感じさせないこともメリットの1つ。
最近流行ってるよねホントに。
僕も大好きなスタイルの1つです。
仮に単色であったとしても、内側と外側で色の差があるため、立体感もでやすかったりして髪の毛をいじることが楽しくなるようなスタイルです。
ただし、カットのスタイルによっても見え方が大きく変わるので、できるだけ同一店舗でカットとカラーをすることをお勧めします。

色味的なメリットとは別に、被せを地毛乃至はナチュラルブラウンなどにされるのであれば、ブリーチが必要になるのが内側だけのため、他人からはダメージがそこまで無いような印象にもできる。
しかしデメリットとしては、もう一度単色に戻したいとなった時にすこーーーしだけめんどくさくはなります。
…言うてデメリットって程でもないか。


外側と内側で謂わば段をつけて大きく変えることや、少しスタイリングをするだけで立体感が得易いことなどから、カットで言えばレイヤーに当たるのではないでしょうか。


・インナーカラー(複数色

  • 概要としてはインナーカラー(単色 と同じく、内側と外側で色を変えるスタイル。
  • 元々立体感を得易いスタイルであることに加え、明度や彩度が様々な色を配置することで、さらに立体感を得やすくなる。
  • 人とは被りたく無いけれどド派手にはしたく無い、そんな方に特にオススメのスタイルの1つ。
僕が大好きなすたいるの1つです。
ぱっと見はナチュラルだけど、内側に…
それをさらに一歩踏み進めたスタイルです。
複数色を使うとどうしてもド派手な印象になり易いですが、内側だけの場合であれば被せが包み込んでくれるため、ナチュラルだけれど華やかになってくれて、そこまでドギツイ印象にはならないと思います。


インナーカラーという時点で、言うならば"清楚な子がちょっとだけ派手な下着をつけていた"という感じですが、これはさらに"超絶清純派な子が実はエロ下着着けてた"くらいのギャップがあります。クッソエロいですムラムラしまs(((




・グラデーションカラー

  • 根元から毛先にかけて、明るさか鮮やかさを、もしくはその両方を上げていくスタイル。
  • 基本的には同系統のお色でグラデーションを作る方が、よりナチュラルな印象になってくれる。
  • インナーカラー同様、1人の方の髪の毛の中に2色以上の色があるため、立体感も出やすい。
  • 飽きたら切り落とすと言う最強のリセット方法も使えるが、そもそもダメージし易い毛先にブリーチをするため、全頭に次いで普段の扱いには気を使う必要がある。
グラデーションスタイルというものが世に出てから何年でしょうか。
僕が小学生くらいの時が最高にムーブになっていたのではないかなと思います。
根元から毛先にかけて明るくしていくだけであればナチュラルな、彩度をもしくはその両方を上げていくのであればより華やかな印象になってくれます。
また、グラデーションの作り方はインナーカラー以上に様々で、根本的なベースをグラデーションにしていくだけでも色々な作り方もありますし、"グラデーションに見せる"作り方ということあります。
それは、"どこからどう色を変えたいか"によって変わってくるのですが、"ブラウンな部分は一切なしで黒髪から原色"というのはグラデーションでは無いので悪しからず。

デメリットとしては生きている以上どうしたって一番ダメージを受け易い毛先をブリーチするわけですから、範囲が狭いとは言えそれなりのダメージは覚悟の上、日々のお手入れやスタイリングがとても重要になってきます。
しかしながら"毛先だけ"ということは、いっそのことバッサリと切り落とすという、最強にして唯一無二のケア方法、リセットができるので、ロングスタイルであることに拘りがそこまで強く無いのであればオススメです。


根元から毛先に向かって徐々に明るさの段を、段と感じさせないように作っていくことからカットで言えばグラデーションに当たるのでは無いでしょうか。
ちなみに僕が一番好きなカットテクニックはグラデーションでした。あのレイヤーでは得られない丸みというか曲線、えr(((((

・Hanaカラー

  • 全体をでも無く毛先だけでも無くインナーだけでも無く、その全ての要素を使ったスタイルだったりそうでもなかったり。
  • 立体感だったりは確実にでます。
  • ド派手にいきますがドギツイだけにはしたく無いので、ある程度の統一感を持たせつつも可能な限り華やかになるように作ります。
  • その人のライフスタイルだったりヘアカラー及びヘアスタイルに対する拘りも汲み取った上で好き勝手遊ばせてもらいます。
  • 絶対に他人と被るのは嫌!という方には確実にオススメです。
なんて言っていいかわからないので勝手にHanaカラーって言ってます。
いや、正確には"説明することは勿論できるけれど長くなるしめんどくさいから"Hanaカラーって言ってます。
その作り方は多種多様で、インナーカラーでつくる場合もあれば縦のグラデーションでつくることもありますし、横のグラデーションで作ることも、それら全てを使ったり。
塗るというよりかは"描く"くらいの感覚で、
①、②のように筋状につくることもあれば、ボーダーにすることもありますし、③のように隙間を作らないように描いて滲んだように見せていくこともあれば④のようにわざと隙間ができるように描いて滲ませることもあったり…

大体説明するのがめんどくさくなるのでブログ以外ではHanaカラーとだけ言う場合が殆どです。

ちなみに"絶対に他人と被らないスタイル"と言うのは、

作ってる張本人が、全く同じものを作ってくれと言われたら確実に無理

だからです。
嫌を通り越して無理です。
まぁ、そもそもこの手のカラーのオーダーをしてくれる子って、これと同じにしてなんてオーダーはしない子達なので割とどうでもいいんですけど。

様々な色を、明るさを変え鮮やかさを変え、思うがままに気が向くままに配置していくスタイルですが、

どんな印象にしたいか

というヘアスタイルを作る上で必須の命題に対して全力で振っていくので、貴女のしたいことをしたいようにできるという何にも代え難いメリットがそこにあります。

長くなりましたが、とりあえず思いついたスタイルのざっくりとした説明でしたが如何でしたでしょうか?

僕の個人的な好みで言えば、複数色を用いたスタイルが大好きなんですけれども、全体を単色で染めることにも当然メリットはありますし大好きなので、別に単色であることを否定するつもりは毛頭ありません。

ただ、少なからず派手髪にしたい子達の中には"他人とは違う自分だけの何か"を求めている心が確実にあると思います。
全力で振り切れるのであればHanaカラーがオススメですし、何かしらレギュレーションがあってできる事に限りがあるのであれば、上記4つのなかでできる限り楽しめるスタイルを作れたらと思っています。

何よりも、僕自身が全ての色が…、色というものが大好きで、それを自身の身に纏い、遊び楽しむことが大好きなので、その面白さが1人でも多くの方に伝わり、日本のヘアカラーにおいて、髪色の自由がもっともっと広まることを祈っております。
そのために、テクニックと知識は勿論、できる限りの事をしていけたらと思っておりますので是非、

#カラーさせてください可愛くします


ご予約お待ちしております♡

ではでは!ノシ  
 ⬇︎今月来月の空き状況です♡⬇︎ 

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000