Q.これは個性ですか?A.いいえ、それは〇〇です。

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

たまたまTwitterのTL見てたら

あひんっ


ねー、まぁ、そー、まぁそうねー…
ぶっちゃけそうだよねー。

番組自体は見てないんだけど。

個性ってなんだろうって考えてみたときに、"何を以ってどこからが個性なのか?"という定義付けが先ず必要になってくると思うんだよね。
で、例えばそれを"他人とは違うあなただけのもの"だとするのであれば、彼のいうことは大正解だと思うんだ。

だって、どんなに尖ったものだとしても、完全にその人だけのものというのは無いんだもの。


最近派手髪のことを個性派カラーなんて言ったりしますけど、もうその時点で、"派"とついた時点でグループ分けされてるわけだから、もう個性とは言えないんだと思うんですよ。

例えば派手髪も単色で作ってしまったらって話はよくしますし、インナーカラーだって同じように作ったら同じようなアイコンが溢れるわけで。

そういえばこの画像を見て
「パンクってなにか?」って聞いてくるやつがいたんで、ゴミ箱を蹴飛ばして「これがパンクだ!」って言ってやったんだ。そしたら、そいつもゴミ箱を蹴って「これがパンクってことか?」って言うから、「いや、それは流行だ!」って言った
っていう某アームストロングさんの言葉を思い出しました。

これはパンクについてですけれど、誰かの真似をしたらそれは流行でしかないんだってことは同じだと思うんだ。

誰の真似でもない、誰かの後追いでもない、そんな髪色を、どうやったら作れるのか…。

なんだろうね。
誰にも作れなくて誰にもどこにも分類されない髪色。
そんなもの、きっと無いのかもしれないけれど、無いかもしれないからやらないなんて理由はなくて。
それもやはり、そういう"僕だけの〇〇"っていう必殺技的な厨二心を擽る何かが好きで、やる、ただそれだけなのだけれど。
まぁ、そんな簡単に見つかったり手に入れられたら誰も苦労しないよね。だから、

やってりゃそのうち見つかるでしょw

くらいの気持ちで楽しんでいこうと思います。

とは言え明日も完全暇人なんでそのあの、#カラーさせてください可愛くします

貴女だけの髪色を作りたいので、ご予約お待ちしております。

ではでは!ノシ 
  ⬇︎今月来月の空き状況です♡⬇︎ 

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000