【白にしたい人へ】リアルホワイツの作り方【Q&A記事だよ】

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

僕にしては珍しくブログ空きました。
と、言うのも…
ついさっき(8日am1:00頃)までうちのお店のホームページについて外部の方とミーティングしておりました。
小さいお店だからこそ、こうしてお店の運営の根本的な部分を任せてもらえる。有難いことです。
やるからにはトコトン、より良くできるようせねばです。


閑話休題


さて、

今日も今日とてホワイトだ。

最近とってもオーダーが多いです。

ってわけで、

へい!

本気リタッチ2round。
からの絶対黄ばみ殺すマンさんでつくる、ちょっと露出ミスると白飛びする髪の毛の明るさのマックス。

な・ん・だ・け・ど


あれれぇ?なんか少しだけピンクな部分あるぞ〜?(小並感


ってわけで、先にも書いた通り最近とっても多いホワイトのオーダーに関して、

リアルホワイツにできる人できない人、できない人は何故できないか、できないパターン…

について少しお話しさせていただきます。
あくまで"リアルホワイツに"であって、"限りなくホワイトに寄せて"であればできる人もいますし、それすらもできない場合もあります。
やってみないと実際見てみないことにはわからないと言う部分もありますが、1つの指標として参考になれば幸いです。


さて。

①出来る人

これは簡単です。

余 計 な こ と を し てい な い 人

これに限ります。一番簡単にホワイトにできるのは"完全に地毛の人"です。
完全に地毛とは?
---カラーは勿論、パーマも縮毛矯正もしていない、どスッピンの髪の毛のことです。
えっ?じゃあ殆どの人はリアルホワイツには出来ないの?
となってしまいそうですが、実際にはそこまで厳しくはないです。
カラーで言えば、アッシュ系だったり赤味の少ないお色でされている方やそもそもブリーチonカラーだったりするとそこまで苦労しません。
パーマは繰り返していなければ大丈夫だと思いますが、縮毛矯正はそもそもブリーチとの相性が最悪ですし、形作る系の薬剤施術はダメージ的な部分をガン無視していなら特に支障はありません。
てわけで余計なことをしていなければしていないほど、ホワイトは簡単になってくれます。
が、僕の元に来てくれる、髪色で遊ぶのが大好きな人類代表諸君で、そこまで髪の毛の貞操を保っている人なんてそうそういないということくらい、色欲の人こと僕も重々承知です。
なので、こんなどうでもいいことより、これから書く

"リアルホワイツには"できない人

を参考にしてください。


②ダメージ的にできないパターン

これは様々な要素が絡み合ってくるので、いろいろなパターンが挙げられます。
また、"◯回やったらアウト!"とは断言できない部分を多分にあります。
なので回数は明言できませんが、例えば…
  1. 元々かなり強めの癖を縮毛矯正でしっかりと伸ばしている方。
  2. 強めな癖で無くても縮毛矯正を毛先まで何回も繰り返されている方。
  3. パーマを何回も繰り返されている方。
  4. ブリーチしてはトーンダウンを何度も繰り返されている方。
  5. セルフカラーを何回も繰り返されている方。
この辺りはダメージ的に怖いなーって言うのもそうですし、そうなってくるとフルパワーブリーチ自体出来るか微妙なラインになって来ます。
勿論、ダメージガン無視で溶けた部分はどれだけ短くなろうと切っていいと言うのであれば話は別ですが、そんな人はそうそういないでしょう。
リアルホワイツにするとなると、地毛からであろうと其れ相応のダメージの覚悟は必須です。
どんなにダメージを抑えるためのプロセスを踏もうと、確実にトップクラスのダメージはしますから、既に大ダメージを受けている状態ではそもそもブリーチすること自体が厳しいと言わざるを得ないです。


③カラーの色素が邪魔をして、リアルホワイツまでたどり着けないパターン

これが一番多いです。
具体的には…
  1. セルフ黒染め
  2. サロン黒染め
  3. 明るくできる黒染め(笑)
  4. ダークブラウン
  5. トーンダウンを何度も繰り返している
  6. (レッドやオレンジなどの赤みの強いお色)
1〜3までは黒染めに関してです。
セルフであろうとサロンであろうと、黒染めは黒染め。
ダメージガン無視とにかくホワイトだと言われればホワイト(白っぽく)は出来ますが、リアルホワイツ(純白)は無理です。
特に3みたいな詐欺商材はこの世から無くなればいいのにと思っています。

4.に関しては意外かもしれませんが、"ほぼ黒髪に見えるブラウン"って黒染めと変わらんのです。色素量とか色素の粒の大きさのが問題なのです。
「黒染めではないから明るく出来ますよ〜」ってワード聞いたことある方多いのではないでしょうか?
これは僕らの界隈では"できるできる詐欺"と呼ばれています。今命名しました。
何故"詐欺"なのか。それは

明るくできる(どこまででもとは言っていない)

だからです。
ちゃんと正直に言いなさい。ホワイトは無理ですって。

ある程度、世間一般の普通のお勤めされてるOLさん界隈くらいの限界値の明るさまでは明るくできますが、派手髪界隈みたいにノーガードの言い訳できないハイトーンにはできません。

これが正解です。今これ書きながら、"黒染めじゃないから明るくできる"このワードを考えた最初の詐欺師に対する烈火の如き怒りがふつふつと湧いています。誰ですか、最初に詐欺始めたヤカラは。

5.は4.で書いた色素量や色素の粒の大きさの問題と関わって来ます。
例えばそこまで暗くないブラウンにされている方でも、

"根元暗くて中間明るくて毛先はまた暗い"

って状態になっている方、たまにいます。
きっとフツーーーに見ていたらそこまで気にならないと思うので、是非これから、周りの人でブラウンにされている方の髪の毛をよーーーく観察して見てください。
意外と少なくないです。
これは、色々な要因があるので一概にこれとは言い切れませんが、沈色をしている可能性もあります。そうなると無理ゲーです。
実はトーンダウンって意外と気を使う施術です。なので何度も言うように、

トーンダウンこそ、カラーが得意な方にしてもらってください。


6.は程度によりけりなので今回は割愛です。

この辺りに引っかかる方は、ダメージをガン無視すると言う前提の元、

完璧なホワイト=純白であるリアルホワイツには出来ないけれど、ある程度ホワイトに見えるくらいのところまでなら持っていける可能性は0ではない。

けど、まぁ大抵無理ゲーな場合があります。
何故なら②のダメージってのも関わってくるので。
なので、ホワイトにしたい願望が少しでもあるのであれば、なるべく余計なことはしない方がいいのですよ。
ちなみにリアルホワイツに出来なくて一番悲しいのは僕です。多分。
皆んなはね、思っていたより全然ホワイトだ!
って言ってくれて喜んでくれるんですよ。
でも、僕の中で純白以外は白っぽい何かでしかないから、結構凹みます。
俺、ブリーチ下手だわ…。鬱だ、死のう…
くらいの気持ちにはなります。

ですが、どうしても、って言われたやります。
完全に拒絶することだけは絶対にしたくないですし、こう…

絶対に勝てる相手としか喧嘩しないオトコって、漢とは言えないじゃないですか。

勿論、インフォームドコンセントは徹底しますけれど、難題に挑むことをやめてしまったら、僕は僕ではなくなると思うので。

まぁ、そんな犬も食わない自分語り(笑)はさておき…



で、

これな。
このピンクよ。

これは何故こうなってしまうかと言うと、
カラートリートメントやカラーバター、ヘアマニキュアと呼ばれる類のもの。これらって、所謂普通のカラー剤=アルカリカラーとは

染色原理が違います。

染色原理が違うので、ブリーチでは落とせない場合が大半です。
ですが、それを知らずにブリーチをしてしまうと…

こうなります。

そう、黄色にならず、ピンクだったり、思わぬ色に変色してしまうんです。

そうなると、完全なホワイトは不可能で…
この辺りが限界値になって来ます。

…ここまでできるのに何故しないの?

だからな、色だけでいいなら、良いんだよ。

ダメージ

ってものがあってだな…


って感じで、③に書いた要素とともに②で書いた要素も絡み合って来ますし、その逆もまた然り。
いろんな要素が絡み合ってくるのがカラーというものです。
ですから、

ホワイトにしたいなら、なるべく余計なことはしない。

というのと同時に、余計なことをされないためにも、

なるべく同じ美容室に通って、同じ人にきっちりと自分の髪の毛の状態を管理してもらう。

というのがとっっっっっっっっっても大切です。

だからね。
美容室探しというか、美容師探しはとっても大切だし、ちゃんと技術にペイするのは、

自分を大切にすることと同義

なんだよ。


ってわけで、

1人でも多くの方にカラーで楽しんでいただけることを生きがいとしている僕なので、よかったら#カラーさせてください可愛くします です。

明日明後日とっても暇人してます。
カラーさせてください。

ではでは!ノシ 
  ⬇︎今月来月の空き状況です♡⬇︎ 

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000