イロトリドリにしたい人必見!カラフルにするときの1つのセオリー。

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

っていうタイトルって、美容師さんがよく使いますよね。
もちろん良く使われるのにはちゃんと理由があるわけです。
あるわけですから、僕も使うべきなのでしょう。
たまにはセオリーに沿ってみたいと思います。


閑話休題


夏だからですかね。
とっても多いです。

明るくしたい人?

---そんなの毎日だわど阿呆。


えっじゃあ何さ。

---カラフルおばけ。


そう、こんな感じで。


でだよ。よく聞かれるのが、
〇〇と××の組み合わせって、変ですかね??
っていう質問なのですが…

それに対して先ず言いたいのは、

あんたそれ、
何を以って"変"だって
言っているんだい?


例えば良くあるのは、
赤と青って組み合わせてきに変ですか??

変じゃないよ?ただ、印象としては〜かくかくしかじか〜になりやすいんだ。
また、それはどのトーンで組み合わせるかによっても変わってくるよ。


といった問答。

そう、基本的に"変か否か"は僕ではなくてあなたが決めること。
僕が言えるのはせいぜい、それがどういう印象になりやすいかくらいなものです。

変って事がないなら、何したっていいの?
もしかして色選定って、結構適当?w

あながち間違いでもないけど、一応お任せな時は1つのセオリーに沿う事が多いです。

それは、これ。

トーンマップっていう色の地図です。


色の世界は…、いやまぁどんな世界であろうと大抵は自由であると思うんですけど、一応指標になってくれるものがあり、こと配色に於いては、

色相(色味)か

トーン(系統)を

合わせるか
近づけてあげると
まとまりやすい


というセオリーがあります。

例えば今日のこの子たち。
この子はダルトーンくらいでイロトリドリにしております。
カラフルですがわりとまとまってくれている事がわかるかと思います。

逆に、こちらの子は…
ブルー系やそれに近いパープル系のお色でトーンを変えてイロトリドリにしております。
統一感がありつつも、カラフルな感じがするかと思います。

このように、

イロトリドリだけど纏まってる
統一感があるけどカラフル

セオリーに沿ってあげたら華やかだけど品がある、そんな本当の意味での"派手"髪になってくれます(=´∀`)

だ け ど

こんな感じで、セオリーも何も考えず、偶発的に作られるお色もそれはまたそれで面白さがあるので、お任せオーダーをされるときは、

どこまで遊んでいいか

を教えていただけたらと思いますwww


人とは絶対に被らない、そんなカラーの1つイロトリドリ(=´∀`)
是非是非挑戦してみて下さい♡

ご予約お待ちしております(*´ω`*)

ではでは!ノシ  
 ⬇︎今月来月の空き状況です♡⬇︎ 

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000