普通の髪色ってなんだろう。

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

ついさっき上げたブログを書き終えて、ふと

久しぶりに割と普通なカラーしたなー

なんて思ったんですよ。

思いつつ、
いやwそれ普通の髪色ではないからねw
っていうツッコミが頭を過ぎったんですよ。

んまー、世間一般的には普通の髪色って言ったら
こういうのになるんでしょうね。
所謂ブラウンの範囲内のお色。
一部ハイトーンに片足突っ込んでる子もいるので、この中でも世間的にはアウトなものもあると思います。

まぁ、それはさておき。


最近こう、わけわからない系オーダーとか意味不オーダー、お任せオーダーが連荘だったため、所謂"派手髪"と呼ばれる、原色を用いたちょっと普通より外れたカラーですら、僕の中では普通のオーダーになりつつありました。

ただ、冒頭に書いた自問自答みたいな、普通のカラーってなんだろうって考えた時に…
いや、と言うか僕にとって普通な髪色って言うと、単色ベタ塗りなんですよね。
勿論、それを絶対に悪いと言うつもりは更々ないですし、そういったオーダーがあれば当然作ります。
でもね、どんな色であっても、単色で塗りつぶして仕舞えばぶっちゃけ黒髪であることとほぼ変わりはないと僕は思うんです。
真ん中のフェイクブラックに対して、周りは全て所謂派手髪と呼ばれるものですが…
こうして仕舞えば明るさの差はあれど、スタイリングや照明の当たり方による立体感はさておき、髪色による立体感はあまり感じられないんですよね。
なので、正直僕にとって単色ベタ塗りは黒染めしてるのと同じ感覚になります。

なので、例え一般的には派手髪と言えど、僕にとっては普通な髪色と感じてしまうんです。
お任せカラーや意味不オーダーな時って、大変だしでもテンション上がるしまぁなんだかんだ楽しんで作るんですけど、この写真からも分かる通り、多色使いだったりハイ・ローライトを入れてたり、差が広めのグラデーションにして上げたりすると、

それだけで立体感が生まれてくれたり、
角度や動きによっていろんな表情を見せてくれたりして、
とっても楽しいんです。


勿論、上にも書いた通り単色染めを否定するつもりは毛頭ありません。
ただ、折角一般的には特殊と言われるような髪色に挑戦するのなら、髪色で遊ぶなら、おしゃれを楽しむなら、

もう一歩

踏み出してみませんか?


"色"だけで"人と被らないようにする"のは限界があるしね。
今以上に毎日鏡を見るたびにテンション上がる、そんな髪色にしてみませんか?

もし周りに、そういうのを否定するような人がいるならば、

ご予約お待ちしております♡

ではでは!ノシ   
⬇︎今月来月の空き状況です♡⬇︎ 

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000