大体三種類だと思ってる。

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

世の中の人間が。
何をもっての区分なのかは知らないけれど、なんとなくそんな気がしてるのが、三種類。

先ずは

自分の"好き"を別の世界線に置こうとする人

こんな感じ。
割と多い気がしてる。
何に対しての好きなのかはまぁ別としてだ。
好きなことを好きにしている人を別世界の住人かなにかだと思っているのか、何かしらに理由を付けて
でも私は〇〇だから…
今は✖️✖️だし…
って言ってる。
〇〇なんだとしたら変わればいいだけ。
なのにも関わらず変わろうとしないのは、本当は好きじゃないんじゃないかなって思う。
今はとかなんだとか言ってる人は、何年生きるつもりなのだろう。
人生たがたが80年程度。そんな短い時間の何処に、猶予なんてものがあるのだろうか。
君が生きている世界には、君の好きなものは必ずあるんだ。さっさと気づき給えよ。

次に、

自分の"好き"から目を逸らしている人。

一番と似ているようで大きく違うのは、"自分がそれを好きであると認識している"という点。
似たようなことを宣うけれど、微妙に違っていて、もう少し具体性のある言い訳をしだし、終いには自分が好きな物や事をひた隠しにする始末。
ムッツリ野郎の称号を授けよう。
好きなものから目を背け、気づいていながら素直にならず、何が楽しくて生きているのやら。

最後に

自分の"好き"に素直な人

自分が何が好きなのかわかっている、いわば"自分とは何者なのか"を理解している人だ。
そういう人は、その"好き"に向かって、それを叶えるために必死になって考え行動する。
それをあたかも凄いことかのように言う人がいる。けれどそれが当たり前の姿なのだよ。
好きな事を好きにせずに、何が"生きている"だ。生を馬鹿にするのも大概にし給えよ。

仮に、君の好きが君の周りにいる他者から理解されなかったとしよう。
だからなんだと言うのかね。
君の生きる世界の中心は君しかいない。
君が死ねば君の生きる世界は無に帰す。
何故なら君と言う観測者がいなくなるからだ。
君の世界の中心は君なのだから、君の立ち居振る舞いで世界はいくらでも変わる。
好きなら好きで、恥ずかしげもなく露呈させていればいい。
むしろ、隠しているムッツリ助平の方がよっぽど恥ずかしいぞ。

好きなものを好きと言う。ただそれだけで人生は大きく変わるものだ。
自分に正直に生き給え。
君の人生は君の世界は、どこまでいっても削ぎ落とせば削ぎ落とすほど、君だけのものなのだから。








……






………。

今回もモデルさん連れ回して横浜行ってました。

今回のハイライトはこの辺り。
港の見える丘公園〜山下公園の道中とか、赤レンガ倉庫の雰囲気がぐう好きです。
髪の毛白すぎて笑っちゃうくらい飛んでしまったりしましたが、なんかこう、病的な可愛さありますよね、ホワイト。
地毛からなら簡単に作れるので、ホワイトにしたい願望のある人は先ずホワイトにしましょ。

やりたい事は好きにやる。
だって自分の人生だもん。

貴女の好きを叶えるマン、Hanaです。
ご予約お待ちしてるますおっ。

ではでは!ノシ   
⬇︎今月来月の空き状況です♡⬇︎

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000