僕オススメの来店周期の理由〜カラー後のダメージは褪色が原因〜

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

ワイ将、色落ちしても綺麗であることを大切にしている模様。

カラーの専門家になろうと思ったのは、"好きだから"もそうだけれど、前のお店でもいろんな子たちの話聞いてても、
  • 希望の色にならなかった
  • 色落ちしたら汚くなってきちゃった
ということがあまりにも多かったから、そういうのを無くすには…
と考えた時、カラーだけに専念して、それだけのこと考えられたらええんちゃう?
なまじっか全部やろうとするから、どれも中途半端になるんちゃうの??

っていうのがあって、カラーだけに絞ったわけで。

他にも理由はあるけどね。


で、


今日のお話は"俺スゲー"な話じゃなくて、"僕単体じゃ無理ゲーなことがあるから、みんなも協力してクレメンス"ってお話ですの。
それは、

カラー後のダメージ

について。

勿論、お家でのケアの仕方はとっても大切です。
  • シャンプー時のお湯の温度
  • シャンプー剤の洗浄力や界面活性剤の種類
  • ドライの仕方(必ずしっかり乾かす)
etc...

その辺りをしっかりと守っていただけると、たとえブリーチしているとしてもかなりダメージを感じないような状態にすることができます。

ですが、


もう少し根本的な部分で行くと、ブリーチしているということは、
※黄色と赤がメラニン

これを

こうして(1回目)

更にこうして(2回目)


で、例えば青であればこうして
青の色素をたっぷり入れ込みます。
そうすると、
例えばこの濃い青の部分のようになります。

でも、地球上で人間として生きている限り、
こうして入れた色素は抜けていくので、この写真の毛先のように…
黄色のメラニン色素と青のカラー剤の色素がほぼ同じくらいになるとこうして緑っぽくなってきます。

ここで、毛髪内部の色素量を比較してみると…

色素量、減ってますよね?

つまり

中身がスカスカになっている

ということです。

そうすると、パサつきやダメージ感が出てしまうのですわ。

それを回避するために、僕が推奨しているのが

1〜1.5ヶ月のご来店周期

です。

それくらいを目安にご来店いただけると、ちょうど色落ちの最終段階くらいに重ねていくことができるので、どんどん残る色素を増やすことができます。

えっ、でもそんな何度も何度もカラーしてたら普通に考えてダメージやばいんじゃない?

と思われるかもしれませんが、その為に負担をかけない薬剤選定やアルカリのコントロール、前後の処理をしています。
実際その周期でご来店いただけている方々は、元々の僕の元へ来る前のダメージは兎も角、僕がカラーさせていただいている部分に関してはバッサバサだったり絡まりや引っ掛かりが半端ないなんてことは殆どありません。

なので、綺麗なお色を保つ為にも、ダメージ感を少なくする為にも、理想的な周期でご来店いただけたらと思います。

ではでは!ノシ   
⬇︎今月来月の空き状況です♡⬇︎ 

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000