Hanaさん原価無視でただひたすらに塩基性落としてみた。

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

ワイ将、塩基性染料ラバーです。

塩基性染料ってなにー?

マニックパニックとか、カラーバターカラートリートメントとかって言われるような類のやつやで。
ヘアマニキュアと似たような表面に吸着することで発色する、明るくする力のない染料なんやで。
ワイが愛してるのはLebelさんのロコルって塩基性カラー剤や。
短時間高発色。寒色系は補色入ってるのか、アンダートーンをそこそこでもちゃんと青とかになってくれるんやで。


わいが作る
こいつらもみんな、ロコルで作ってるんや。
たまーーーにマニパニとかエンシェールズカラバタとかも使うけどな。

ただな、これには1つだけ難点があってだな。

塩基性染料や酸性染料で割とよくあることなんだけれど…

そのままブリーチすると
変色するんや


例えばロコルの場合やと、紫や青にしてたのに、そのままブリーチぶっこんだら真っピンクになったなんてことはよく聞く話や。
みんな大好きマニックパニックでも、ライラック(紫)で染めたのにブリーチしたら緑になって、なにこの初号機wwwなんてこともあるやで。

で、


ほなどうしたらええねん。
塩基性使ったやつはブリーチ出来へんってことかいな。

ちゃうんやで。

まず1つは、そもそも塩基性染料や酸性染料で染める時にオーバータイムし過ぎないことや。

説明文に書いてある放置時間を過ぎると、沈色して必要以上に"入り過ぎてしまう"んや。
そうすると、よく言えば色持ちするけど、悪く言えば抜けにくくなってしまう。
カラーチェンジしたくても出来ないなんてことになってしまうんや。

もいっこ言うなら、入り過ぎないような土台作りが大切なんやで。

塩基性染料ってのは、電気的に+のイオンなんや。故にコーティング効果いわゆるトリートメント効果があるんや。
 これが入り過ぎないようにするには、同じ+のイオンを持っているトリートメントやコンディショナーリンスの類を先につけておくんや。
僕が毎回ブリーチした後トリートメント塗布してるのは、ダメージを考えてのことや操作性もそうやけど、そういう理由もあるんやで。


ほんで、どうやって落とすねん。
って話やと思うんやけど、上にも書いた通り、塩基性染料ってのは"+のイオン"を持っていて、髪の毛の-のイオンとイオン結合ってのをしとるんや。
つまり、落とすためには反対のイオンをぶつけてやれば、勝手に落ちてくれるんや。

マイナスのイオンの物…
シャンプーも勿論そうや。
マニパニとかカラバタがシャンプーするたびガンガン落ちるのは、ダメージや洗浄力もそうやけど、このイオンの関係もあるんや。

せやけど、さっさとカラーチェンジしたいのにそんな時間をかけてる暇はない。

ならばどうするか?

反対のイオンをもつ薬剤をぶっ込めばいい。

そう!


こうじゃ!!×2

そしてさらに…


こうして…


さらにさらに…

こうして…



へい!!!

し☆ろ


根元はもう一回は必要だけど、完璧な白やで。
放置時間長かった部分なんかはどうしても沈色しちゃうので4プロセス踏むことになりましたが、真っ白になってくれております(=´∀`)

あぁ、良き良き素晴らしき(自画自賛

これ実際にやるとなるとコストいくらなんだろうな…

もしやりたい方いたらご相談ください。
1日作業になると思いますけどw

ではでは!ノシ   
⬇︎今月来月の空き状況です♡⬇︎ 

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000