インナーカラーを使ってグラデーションカラー風に見せる!!

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

今日、我らのミスター:タカシマさんがミスドを買ってきてくれまして。
フレンチクルーラー、エンゼルフレンチ、ココナッツチョコのやつにストロベリーポンデにと…
もうタカシマさん抱いて!って感じだったんですが…
僕の嫁的にはどう考えてもフレンチクルーラー安定だったので、お武さんに

フレンチクルーラーください

ええよー
なんて話していたら…

僕が食べる頃には無くなっておりました…

名前書いとけばよかった…

誰かフレンチクルーラーを…


閑話休題


インナーカラー

最近流行ってますよね〜
ぱっと見ナチュラルな髪色に見えて、実は内側にvividだったりハイトーンが隠れている、
ナチュラルながら個性的なスタイル。
カットのスタイルによって見え方も変わりますし、インナーカラーの範囲自体でもその見え方は大きく変わります。

例えばこんな風に、
ナチュラルグレージュとピンクを組み合わせて上げたりするとカットのスタイルとしては少し段の入ったスタイルなので毛先の方に出やすくなったり。
範囲やお色によってもその見え方は様々です。

グラデーションカラーが一世を風靡してから、1つの頭に複数のお色が入っていることに対する抵抗が無くなり、
さらにこのようにあえてぱっきり分けるような入れ方も、スタイルとして定着しつつあります。

そう、

インナーカラー

という

スタイルとして。


ですが、何もスタイルでなければならないなんてことはありません。
それをテクニックと捉え、求めるようなスタイルを再現するための効果として使う事だってアリなわけです。

例えば、
ショートスタイルで根元から中間は青寄りのグレーで、毛先だけバイオレットにしたい。
でも、ぱっきり別れたりグラデーションの範囲が狭いのは嫌。
というようなお方がいまして。

普通だったらブリーチとカラー剤で土台を作ってから、毛先だけバイオレットにしていけば作ることはできます。

できますが…

次にブリーチしたら、確実に溶ける!

そういう時だってありますよね。人間だもの。

なのでそんな時は…

こんな風に、インナーカラーのように分けて上げて。

で、中段の毛先だけをバイオレットにしていくのです。

そうすることにより
ベースにあたる一番下の部分と少し段のついた被せの部分の隙間にバイオレットが顔を出し…
こんな風に見えてくれたりします(=´∀`)

インナーカラーを
"スタイル"として考えるのも勿論良いですけれど、こういう具合にインナーカラーをテクニックとして捉えることで、
スタイルやダメージ的に難しいカラーの表現も、このように近い効果を出せるのです(*´∀`*)

それには勿論、カットのスタイルが大きく関わってきますが、その辺りは

fuwatの他のスタイリストにお任せいただければ、よりこういったカラーが映えるスタイルにさせていただけるので是非ご相談ください(=´∀`)


もっともっとカラーを楽しんでいただけるよう、色んな提案をさせていただきますので、

こんなの無理だよなー…
なんて思わずに、その時は"僕に"ご相談下さい♡

ご予約お待ちしております(*´∀`*)

ではでは!ノシ 
⬇︎今月来月の空き状況です♡⬇︎

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000