タイトルなんて自分で考えなさいな①

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

秋葉原。
所謂2次元が溢れる街である。
元々は電気街であったらしいが、いつからか"オタク文化"が爆発的な広がりを見せると、それまでは路地裏でひっそりと営んでいたアニメ関係のショップも大手を振って営業をするようになった。
加えてオタク好みのメイド文化が発達し、当初は所謂"メイドさん"ばかりだった秋葉原にも様々なコンセプトを持った喫茶店やバーが増え、非日常的な服装をした女の子たちがいることが日常となりつつあった。

そんな、オタク文化の中心地秋葉原に僕の所属する"fuwat"は存在する。

コスプレウィッグの制作などもしている普通の美容室とはちょっと違った秋葉原らしい美容室で、僕は2次元のキャラクターのような髪色を創り上げる"派手髪師"をしている。
…派手髪師などと名乗っているが、実際はカラーを専門とする美容師のカラーリストというやつだ。

そんな僕が次元を超えて出てきた少女との話をここに書き記していこうと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


………、


………、

いらっしゃい。


どこ?ここ?

秋葉原。

知らないけど、面白い場所?

多分?僕もよく知らないけれど。

とりあえず案内してよ!
などと、舞い降りて早々言い放つ彼女は、
「薄紫と黄色のオッドアイ」
「黒縁メガネ」
「ツインテール」
という、萌え要素の三段コンボに加えて、
一見黒髪に見えるが内側はグレーやブルーなどが織り混ざった、なんとも言えない髪色していた。
いかん、職業病か。これだけ萌え要素が詰め込まれた少女に対して、その他のビジュアルやキャラクターよりも髪色に目がいってしまう。

どこを見たいの?


知らないから案内してって!
あ、でもでも、水のあるところがいいな。
それと、歴史的なものとかも見たい!
甘味も忘れないでね!

知らんがな…
と、思いつつもとりあえず近場で水といえば隅田川が一番近いか。
浅草であれば下町風情も楽しめるであろう。

とりあえず、わかった。移動しよう。

よろしくね!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


一先ず浅草から、隅田川へ向かう。

舗装された川沿いの道へ降りる階段から何を思ったか立ち止まり景色を見る少女。

なにかあった?


いや、うん。なんでもないよ。
あ、ねぇねぇ!これ乗りたい!

と、屋形船を指差す。

そんなお金はありません。


えー…、そこらへんでモンスター倒せばお金なんてすぐ貯まるじゃない!

あいにくこの世界にはモンスターなんてものは存在していないんだ。

嘘でしょ!?

生憎本当なんだよなぁ…
モンスターみたいなニンゲンは存在しているけれども。
屋形船に乗れなかったことに加えてあまりの強風でご機嫌斜めになっていく。

とりあえず移動するよ。


はーい…
彼女にとってこの世界とはそんなに珍しいのか、終始写真を撮っていた。

面白い?


んー…、まぁまぁ。

…??
まぁいいや。次の所行こうか。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


歴史的なもの、ということで浅草寺に連れて来てみたものの、入口の人混みにウンザリしたのか、早々に仲見世通り脇の通りに逃げるように移動した。

大丈夫?


うん…、たださ…

うん?


いや、なんでもない!
それより!この匂い何??
すっごく美味しそうな匂いがするの!!

あー、人形焼か?揚げ餅か?
甘味もとか言っていたな…

とりあえず何かしら、甘いものあるだろうし買いに行こうか。


うん!行こう行こう!

揚げ餅を両手にご満悦の様子です何より。

にしても、もんじゃ味とごまあんを同時に頬張る彼女の感覚がよくわからない…
どちらも美味しいのはわかる。
けれど、"美味しいものと美味しいものを組み合わせたらもっと美味しくなる"的な発想は時に地獄絵図を生み出すことになるのだから、もう少し考えてほしいものだ…

ご希望の甘味を食せて機嫌が良くなったのか、
近場にあった公園のジャングルジムを見つけると登りだす彼女。

楽しい?w


うん!
この世界は面白いよ!

この世界は?


そう。

人は??


んー…、なんかさ。
みんな一緒なんだよね。

みんな一緒?


そう。
こうさ、この世界にも、これだけ色んな色が溢れているのにさ、みんな同じ色をしているんだよね。

そう?
みんなそれぞれ色んな服とか、肌の色とかも違うよ?


いや、そうじゃなくてさ…、
そういうのって、その人自身じゃないじゃない?
服なんて、いつだって変えられるんだから。
そうじゃなくてさ、髪の毛。
みーーーんな似たり寄ったりの茶色か黒かばっかりじゃない。
たまにそうじゃない人もいるけど、ペンキで塗ったみたいに一色で、カツラでも被ってるのかと思ったわ。

まぁ、それは否めないな。

でも、そんなもんじゃない?


でもさでもさ!
世界にはこんなにも色に溢れてるんだよ?
みんな同じ様に一色にベタ塗りしてさ。
つまんないじゃない!

………、

そうでしょ??

まぁ、そうだけれども。
でも仕方ないんじゃないかなぁ…


…仕方ない?

うん。
この世界、特にこの国だと、周りと同じで有ることがステータスだし。
一色で染めてることが当たり前なのだから。


…

……

………、ばっかじゃないの!?
仕方ない!?世界にはこんなに色が溢れているのに??

もっともっと髪色に自由を求めなきゃ!!
それを伝えて広めて!そして叶えるのが貴方の使命でしょ!?

あぁ、この子の不機嫌はそれだったのか…

まぁ、やれるだけはやってみるよ。


ほんと、ちゃんとやってよね!
次来るときまでに、もっと世界に人に、色が溢れて無かったら承知しないからね!

お、おう。


そう言い残すと彼女は元いた次元に戻って行った…

…、なんだったんだろう。
まぁ、やれるだけのことはやろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


っていう妄想を恥ずかしげもなく書いた挙句こうして公開できる自分は相変わらず厨二病なんだと実感した次第でございます。

100%妄想で書きました。
多分続きます。

んでもって、カラーさせてください。

ではではノシ

ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000