セルフカラーとサロンカラーの違い〜髪を大切に〜

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡


急に冷えましたわな…

昨日今度考えている撮影のロケハンを兼ねて隅田川〜浅草寺をお散歩していたんですけれど、まぁ寒くて寒くてもうね。
でも、夕日?が綺麗でしたのでそれはそれで良きかなと(*´∀`*)
この空のグラデーション。
カラーで再現して見たいですねぇ。


閑話休題


さてさて、昨日はこんな記事を書きました。
#カラーさせてください可愛くします というタグを荒ぶらせている僕の本音をタラタラ書きました。

でまぁ、なんぼ僕の思いを綴ったところで、
もっとこう、理論的になんでダメなのか教えてよ!
って声が聞こえてきそうですので、
今日はそんなホームカラー剤とサロンカラー剤の違いについて、改めてお話しいたします。


いたします…、




ほら、あるやんあのさ

泡カラーとか、よくある簡単☆ヘアカラーみたいなやつ
ああいうのは

がっつり明るくして
がっつり暗くする

だからダメージ凄いんですよ〜
セルフカラーはやめて下さいね〜


…みたいな記事。
そんなんはちょっと調べれば出てくるわけですよ。
だからね、態々僕が話さなくていいよなーって思って。
いやまぁ、美容師ですら自分らの使ってる薬が、

どこまで上げてそこまで落としてるのか

知らない人多いですけどねwww
そんなことはどうでもいいんです。
そういう人にカラーされたくなかったら僕のところにおいでませって話でさ。


じゃ











‼︎


僕はほら、派手髪師なんて名乗ってますから。
世間一般で言うところの"派手髪"を愛する皆さんに向けて、お話ししようと思うんですよ。


  • 色について
これはね、みんな多分恐らくmaybe、

マニックパニック
エンシェールズ

あたりとか

マジカラー

みたいなヘアマニキュア
の類を使ってると思うんですけど。

それは別にええよ


だって僕も使うもの。
特にマニパニとかエンシェールズ。
ビバ塩基性。愛してるぜ。
そのままでも良し混ぜても良し、トリートメントで薄めて使っても飲んでも美味し
ああ最高。
ただ、ムラにだけはするなよ。
僕でもムラになるけどさ。

ムラにだけはするなよ

それさえ出来れば使ってもいいと思うよ。
出来ないなら染めさせてね♡
ダメージ0では無いけれど、市販のカラー剤に比べたら大したこと無いもの。

で、問題はこっちなんだ。


  • ブリーチ
まぁもう派手髪勢なら当然のことながら、

ブリーチがしっかりと出来ていないと希望の色にはならない。

そんなことは一般常識レベルの話で。
これもな、ムラになる確率高いから染めさせて♡って感じなんやけども…
そこよりもずっっっと大事な部分があるんだ。

市販のブリーチ剤って、どんな形状しているかな??


大体、粉と液体

になっているよね?
僕が知る限り、この組み合わせ以外は見たことが無いのだけれど。
たまにクリームもついてることがあるけど、これはブリーチ剤では無いので除外するとして。

このね、粉。つまり…、

パウダータイプのブリーチ

ってのが問題なんだ。

僕が愛するブリーチ剤は、クリームタイプのものなのだけれど、この

クリームタイプ

パウダータイプ

ってので同じブリーチでも大きく違うことがあるんだ。

・明るくなりかた

僕の愛するクリームタイプのブリーチは

ゆっっっくりと時間をかけてメラニンを破壊していく、亀さんタイプ

対して市販のブリーチ乃至は普通に美容師さんが使うパウダーブリーチ、これは

一気にメラニンを殲滅していく瞬発力のある兎さんタイプ

ただ、それはあくまで明るくなるためにかかる時間であって

明るくなる上限は変わらない

んだ。

えっ?だったらパウダーブリーチの方が早く明るくなるんだしいいじゃん!

って、思いがちなのだけれど…

ウサギとカメの話でもよくあるように、

早いと言うメリットがあると言うことは、その裏に大問題となるデメリットが潜んでいるんだ。


それが…
この写真を見てクレメンス


わかるかな?
同じ量のブリーチを30分間自然放置(温めずに放置)した写真なのだけれど…
パウダーブリーチの方が圧倒的に体積が大きくなってることがわかると思うんだ。

これは…
話すと長くなるので割愛するけれど、

活性酸素爆発

とでもいう現象で
今回はカップの中だけれど、

これが髪の毛の"中"でも当然起きているんだ

髪の毛に塗布したブリーチ剤が、髪の毛の中でも膨らんでいる。
想像しただけで、髪の毛に負担がかかっていそうだよね。

キューティクルの内側から膨らんでいる。
例えるなら、
増えるワカメを乾燥したまま大量に食べた
みたいな。

おーこわいこわい。

そんなことが、市販のブリーチなどのパウダーブリーチでは起きている。

そういうものを使ってしまったら、
髪の毛はとんでもないダメージを受けてしまって、確かにその時は明るくなるかもしれないけれど、

キューティクルが開きっぱなしになってしまい、色持ちも悪くなる

上に、キューティクルが開いてるってことは

絡まりやすくなって、ただでさえダメージが大きく切れやすいのに、更に切れやすくなってしまう

また、開きっぱなしってことはカラーの色素だけでなく、髪の毛の内部物質も流出してしまうから

ホワホワして収まりの悪い、ボサボサヘアになってしまう



逆に、僕が基本的に使っているクリームタイプのブリーチは、その活性酸素爆発が殆ど起きないから、確かにダメージはあるけれど、その後が割と綺麗に保てるんですよ。

とは言え、僕もパウダーブリーチを使う場合もあるよ。
それは、黒染めをしている方で、ムラムラになっていてどうしても明るくなりきらない部分がある時。

あとは、

クリアブリーチ

っていう使い方をする時。これは、
毛先の色味を取りたいけれど、
普通にブリーチしたらダメージがヤバイ
って時に、ブリーチの脱色脱線力は保ったままアルカリを減力させたいって時に使うのです。
そっちも当然、アルカリが抑えられてるから、ダメージは少なく済むんですよ。
これも当然。

膨らみは少ないのがわかると思います。

以上、ざーーーっとブリーチに関する説明でしたけど、お分りいただけたでしょうか?

ブリーチなんて何使っても大差ないでしょ
って、美容師でも思ってる人多いですけど、ちゃんと原理原則を知れば、色んなものが見えてくるんですよね。

折角、派手髪で無いにしてもカラーを楽しむなら
綺麗な素材で楽しみたいじゃないですか。
というか、僕が楽しんで欲しいです。

色が綺麗なのに、ばっさばさ
そんなのは、美容学生と駆け出し美容師だけで十分なんですよ。

街行く髪色が、髪が、
もっともっと綺麗な髪色素材で溢れて欲しい。

それは、特別意識が高いからとかではなく
ちゃんと自分の髪を大切にしているから。

大切にするためにするべきこと、選ぶべき髪の毛のパートナーをちゃんと知っている。

そこが1番の違いなのかなって。


な・の・で



カラーさせてください

可愛くカッコよく

なにより

綺麗にします


綺麗な髪色になりたい
髪の毛を大切にしたい
という方は是非、ご相談ください。

カラーの知識と技術は勿論、
ヘアケアも…

ヘアケアのプロフェッショナル
シャンプーソムリエの
知識と経験で

貴女の綺麗を支えます



ご予約、お待ちしております♡

ではでは!ノシ 


ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000