シャンプーソムリエっぽいこと話すよ!〜界面活性剤基本知識〜

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

最近こっちで書いている、シャンプーソムリエ的記事です。

今日は色々ある界面活性剤の種類について…


の前に!


そもそも界面活性剤
ってなんなの!?


っていうお話をしようと思います。


と言うのも、先日来ていただいたお客様から…

なんか最近頭皮が痒いこと多くて…
シャンプーの時しっかり洗ってるんですけどね…

結構ガシガシ洗ってる?


はい。
指先でしっかりやってます!


というご相談をいただきました。


どうでしょう?
みなさんシャンプーの"洗い"って、しっかり派ですか?

結論を先に言うと、

あまりゴシゴシ洗うのは
頭皮にダメージを与えかねない


試しに腕でも首でもどこでもいいですけど、シャンプーの時みたいにガシガシ擦ってみてください。

多分、赤くなったり、じんじんしたり、痛かったりすると思います。

頭皮も当然同じです。

更に指先で洗うと言うことは、どうしたって爪が当たりやすくなります。
意外に人間の爪って鋭利で、頭皮やお肌なんて簡単に傷ついてしまいます。

皆さん今までに怪我…、特に瘡蓋が出来るような怪我って一度はした事あるんじゃないかと思うんですけど、
瘡蓋って、なんか掻きむしりたくなりませんか?

それは生命維持のための防衛反応の1つで、
痛みと痒みってのは感覚としてかなり近い位置にあり、どちらも防衛反応なのですが、
傷が出来立ては痛みが優先され
暫くすると痒みが優先されてくる…

みたいな。

で、痛みを感じるほどの傷には中々なりませんが、そう言った理由から、掻き過ぎは痒みを感じてしまう原因となるのです。




シャンプーに含まれる界面活性剤。

これは以前書いたように、
油と水のように、本来混ざり合わない2つの物質を混ぜ合わせるものです。


そう、油(汚れ)はこの界面活性剤によって浮かび上がらせ、
すすぎによって流されて行くんです。

こんな感じで。
お湯ためて1分ほどでは浸けてみると、こうして汚れが浮いて来ております。

これはシャンプーでも同じで、

界面活性剤によって汚れが浮いて、
すすぎによって流されています。

ですから、本当に大切なのは

ゴシゴシ洗う事

ではなく

これでもかってくらい流す事

というのが想像に難くないと思います。

だってシャンプーは、
汚れを浮かび上がらせてるだけ
なのだから。

性格に言うともっちょいあるけどねw


とにもかくにも、

シャンプーで大事なのは
泡の状態でのこすり洗いではなく

その後のすすぎです。


そこでしっかりと流していただけないと、
汚れが落ちないばかりでなく、界面活性剤も残ってしまったりします。

もっと言うと
シャンプー前の濡らす時、
この時点で軽く擦りながら濡らしてあげると、それだけで汚れざが7〜8割落ちてくれます。
そしたら、使うシャンプーの量が減って、お財布にも頭皮にも、優しいですよね(=´∀`)



もう一度改めて言うと

シャンプーの本質である界面活性剤で
汚れを浮かせて、すすぎによって流している、
つまり、ゴシゴシ洗う必要はどこにもないのです。

なので、シャンプーの洗い方は
ゴシゴシ洗うと言うより、
頭皮のマッサージをしていただいた方が、ずっと頭皮にとってはいいです(=´∀`)

皆様が少しでもシャンプーについて正しい知識を持って、ケアに取り組んでいただけることを祈っております。

ではでは!ノシ 


ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000