色持ちの良いシャンプーの注意点

Hello,world!! 秋葉原の美容室-fuwat-の派手髪師Hanaです♡

”髪色に自由を”を胸に、毎日メラニンや残留色素とスデゴロタイマン張っております。

初めて僕のブログをご覧くださった方はまず↓のページをご覧ください♡

週末から寒くなるそうです。


今日は最初からこの子の登場です。
名前はそう言えばまだつけておりません。
どなたか名付けてあげてください。

名付けるとは、手懐ける。
ふむ。


……、




閑話休題


僕が常々、

派手髪を維持するためには
シャンプー選びが最重要

的なことをお話ししているので、ありがたいことにカラーのご依頼だけでなく、シャンプー選びのご相談も多く寄せられるようになってまいりました。

派手髪を維持するために良い処方のシャンプーは?
と言っても、頭皮状態毛髪状態によって変わってきますので、一概に

このシャンプーがオススメ

とは言えませんが、基本的には
  • 両性界面活性剤
  • アミノ酸系界面活性剤
  • PPT系界面活性剤
これらがメインで処方が組まれているものがオススメと言えます。

理由としては洗浄力が優しいだけでなく、
皮膜形成効果と、派手髪でよく用いるカラー剤と同じイオンも持っているために他の界面活性剤に比べて褪色しにくいということです。

しかしながら、これだけですとどうしても洗浄力が弱くなり、
脂性肌の方には洗浄力不足となったりもしますので、

この界面活性剤だけのものにしてください

なんてことは当然言えません。


そして、もう1つ気をつけて頂きたいのが
他の成分に比べて若干残留しやすいものが多いということ。
残ってくれるおかげで指通りが良かったりツヤやしっとり感がある仕上がりになってくれるのですが、
あくまで、

皮膜形成効果のある洗浄成分

洗浄成分であることに変わりはありませんから、必要以上に残ってしまっては逆に頭皮トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

ですので、
こちらの記事でも書いたように

最低2分間

上と下両方を向いて

しっかりと流してください。


せっかく色持ちも良くて洗浄力も優しいシャンプーを使っているのに、それが原因で痒みやフケが出てしまったら元も子もないですし、
折角良いものを使うのなら、正しく使って頭皮も髪の毛もカラーもより良い状態にしていただけたらと思います(^^)


本業は派手髪師(カラリスト)ですが、
シャンプーソムリエの一人でもあり
内側から美を作るケアの専門家でもあるので、そういったご相談もお待ちしております(^^)


一人でも多くの方がよりカラーを楽しめるように…


ではでは!ノシ 


ーーーーーーーー

初めての方は必ずこちらもお読みください↓

ご予約ご相談に便利なLINE@がこちら♡

全力で希望のお色を叶えるために事前カウンセリングをさせて頂いております。

お手数ですが、ご来店していただいた際に皆様の時間を無駄使いしたくないので、追加時に送られる質問に必ずお答えください。

fuwatのホームページはこちら♡

スタッフ全力募集中です(切実

Freedom in the Hair color!!

0コメント

  • 1000 / 1000